2015年04月10日

まりめるの診察

2015年4月2日  抗がん剤皮下注射
2015年4月5日  抗がん剤内服
心配していた副作用はなく、胸水も抜くほどたまってはいませんでした。
よかった。。。

母体感染による白血病の場合、治療の効果が弱いことが多いそうで
治療の効果がなければ、数日でたまるかもしれないと言われていました。
4/2のレントゲンと今日のものを比べると
前回は心臓が見えないほど肺が白くなっていましたが、今日の画像は心臓も見えていました。
肺にリンパ腫によるものではないかと思われる影はありましたが、肝臓と膀胱の肥大はないようです。

image-534a3.jpg

心配していた副作用がなく、尚且つ抗がん剤の効果もありました。
まりめるを診てくださっている先生は、立派な匙を持っていて匙の使い方も上手です。
先生、ありがとうございます。


まりもは下痢のお薬を追加になりましたが、今回は早めに落ち着いてくれそうな気がします。

image-1961a.jpg


母体感染の白血病の場合、流産や死産が多く、産まれても育つことは希なのだそうです。
まりもとめるもはもうすぐ1歳です。
誕生日は4月30日 おかあちゃんが決めました。
もうすぐ1歳。 お誕生日だね。
誕生日はまりめるのお祝いでもあるけど、二人がおかあちゃんに命の大切さを教えてくれる日でもある。
一緒にお祝いしようね。


子供が産まれ、病気だとわかったら捨てますか?
誰かを騙して、命を放り出すのですか?
向き合えない強さが自分にはないと思ったら、その命がどうなってもいいと切り捨てますか?
弱い自分を認め、謝罪すればいいのでないのでしょうか。
自分の子供に、困ったときは逃げればいいと教えるのですか?


「めるも」と「まりも」はがんばってる。
逃げ出したり嘘をついたりはしない。
精一杯生きているんだよ。















posted by まりめる at 22:49| めるも闘病記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。